NISA控除がない場合も株主優待やみずほへ投資

少額投資非課税制度NISAは利益に税金がかからないメリットがありますが、いくつか事前に覚えておくことが必要なポイントがあります。
まず一つ目は年度の途中で株を売ってしまいますと年間の投資限度額120万円のうちのその分の枠を再利用できないということです。これは逆に言うと買った年度内で売らなければいいわけですから、NISAで買う銘柄はすぐに売ることのない長期保有用のものを選ぶべきということになります。
二つ目は損益通算ができないということです。複数の金融機関に課税口座を設けていて一方で利益もう一方で損が出た時には差し引きしてカバーできることを損益通算と言うのですが、NISAは初めから非課税口座ですから、これができません。
三つ目はこれは損益通算とつながっていますが損失の翌年から3年間の繰越控除ができないということです。繰越控除とは利益から過年度の損失分を控除できる制度のことですが、これもできません。

しかしこの三点はデメリットというわけではなく、こういう特徴があるとわかって使っていけば問題がありません。さてNISAでは投資額の限度枠がありますから、投資先はその範囲内で株が買えてしかも自分でよく利用したりして知っているところがいいわけですが、その候補に挙げられる一つがみずほです。銀行現在みずほは銀行や信託銀行が集まったグループの形で上場していますが、ここに口座を持っている人は今どういうサービスが行なわれているかなども実際にわかりますからその点は安心というわけです。みずほでは今後システムを統合し振り込みが24時間可能になったり、ATMの稼働時間が増えるなどのサービス向上が見込まれる予定ですので楽しみです。なお金融機関の株主優待は定期預金の金利の優遇や、投資信託の購入手数料無料など実際に得になるサービスがいろいろ行なわれていますので検討してみますと興味深いです。