措置法で開設のNISAと株主優待、西武信金は非上場

初めて株式投資をしてみようという人に最適なのが少額投資非課税制度NISAです。投資で得た配当金や分配金、譲渡益などには20%の税金がかかり利益から引かれるのですが、NISA専門の口座を作りそれで購入しますと、利益に対する課税が免除され非課税で済むのです。
但し少額投資非課税制度という名前ですから投資額に限度があり、現在は年間120万円までです。これは一見少ないように見えますが、現在の上場企業のほとんどはこの範囲内で株が買えますし、特に株初心者の人はこの限度額があるためにお金を使いすぎないというメリットもあります。税務署年に120万円までですから口座数にも制限があり1人1口座だけです。証券会社に口座の開設を申し込みますと、それと同時に住民票の写し等の書類を出すように求められます。証券会社から税務署に確認し、税務署から非課税でよいという確認書が交付されて初めて口座が開設できるからです。これは租税特別措置法という法律で決められていることです。確認を終えるまで月日がかかりますので、余裕を持って申し込みをすることが大切です。

投資先を考える場合株初心者はまず普段からそこの商品やサービスを利用しているところが安心です。どういう店舗でどういうサービスをしているか自分で実際に知っているからです。気をつけなくてはいけないのはそういうところがすべて上場しているとは限らないことで、上場していなければ株は買えません。
例えば西武信金は上場していませんが、こういう場合は提携している先に上場企業があればそこの株に投資するなどの方法があります。初心者の人に有効なもう一つの方法が、株主優待に注目することです。金融機関の場合は預金の金利が上乗せされるという優待も多いのが特徴ですので、いろいろ研究してみるのが得策です。